骨粗鬆症を予防する必須成分|骨密度を維持しよう

先生

沈黙の病気

病院

骨粗鬆症は寝たきりの予防の効果的である。カルシウムだけの摂取では効果が少なく、マグネシウムやビタミンD、運動の併用が効果的である。骨が置き換わるまで数年かかるため定期的な骨密度の測定が続ける秘訣である。

詳細を確認する

骨密度が減少する病気とは

知っておきたい骨粗鬆症の予防方法がこちらに掲載されています。年齢を重ねると骨密度が衰えてくるので対策が必要です。

女性に多い病気

先生

女性は更年期に入り卵巣の機能が衰えてくると女性ホルモンのエストロゲンの分泌も減少してしまいます。そのためホルモンバランスが崩れ様々な症状があらわれてきます。骨粗鬆症もその一つで、女性ホルモンが減少することで骨吸収が高まり骨形成が遅れることで骨密度が減少します。骨粗鬆症になった骨はスカスカになり骨折しやすくなります。高齢になるほど治療もはかどらないのが現状です。また65歳以上になると老人性骨粗鬆症を発症する人もいます。若い女性でも発症する場合があり、遺伝やステロイド投与や内分泌疾患などが原因となります。関節リウマチにより骨粗鬆症を発症する場合もあります。治療は薬物療法が主になり激しい痛みがある場合や、日常生活に支障がある場合は手術などが行われることもあります。

カルシウムが大切

骨粗鬆症葉の予防は毎日バランスの良い食事を取ることが大切です。カルシウムを多く含む牛乳やチーズなどの乳製品、豆類、緑黄色野菜、小魚などを中心に摂取します。また日光浴をすることで皮膚にカルシウムの吸収を良くするビタミンDを生成することができます。ウォーキングなどの有酸素運動を習慣にすることも病気の予防になります。若い頃に行った過度のダイエットが高齢になると影響してきて骨粗鬆症を引き起こしたりすることもあります。またダイエットでカルシウムなどの摂取量が不足することで骨密度が減ることもあります。ダイエット方法を見直すのも予防には大切なことです。骨粗鬆症を予防するためには定期的に検査を受けることも大切です。自覚症状がないまま病気が進行してしまうことが多いので早期発見をすることも大切なのです。

生活習慣が大切です

悩み

高齢者に多い骨粗鬆症を予防するには、病院での検査で自分の骨密度を把握するのが大切です。その上で、カルシウムやタンパク質が豊富な食事と適切な運動を行なうことで、骨の衰えを防ぐことが可能となります。

詳細を確認する

生活を見直しましょう

悩み

骨粗鬆症の予防は、運動と食生活の改善で行えます。骨は、身体が受ける圧力や刺激に応じて丈夫になるので、座るより立つ、歩く、縄跳びなどの運動を心がけるとよいです。タバコ、コーヒー、アルコールは、カルシウムの吸収を妨げるので、過剰摂取は禁物です。

詳細を確認する

Copyright©2015 骨粗鬆症を予防する必須成分|骨密度を維持しよう All Rights Reserved.